1. トップページ
  2. 研究室紹介
  3. 研究内容
  4. 業績
  5. 入学案内

What's New

2013/06/07第85回 先端医工学セミナーのお知らせ

第85回 先端医工学セミナーのお知らせ

6月17日(月) 18時30分より先端医工学セミナーを開催いたします。
今回は、筑波大学付属病院副病院長、東京理科大学客員教授の大河内 信弘先生
をお迎えし、手術シュミレーションに関するご講演を賜ります。
大変興味深いご講演を拝聴できるものと思います。どなたでもご参加頂けますので、
多くの皆様のご来聴をお願い申し上げます。

講師:筑波大学付属病院副病院長
   筑波大学消化器外科・臓器移植学分野教授
     東京理科大学客員教授 
       大河内 信弘 先生

演題名: 次世代型3D-CG手術シミュレーション・システムの開発

近年日本においては外科医師数の減少が著しい。その原因として手術技術の習得には
長い時間と多大な労力が必要なことが挙げられる。また、外科医の効率的な教育と
手術の安全性を確保するためには、手術に関わる医師の間での情報共有が重要である。
教育の効率化と手術の質をより高めるためには、動くかつ、触れる手術シミュレーション・
システムが有効である。筑波大学の医学、システム情報工学、図書館情報メディア学と
レキシー(企業)が共同で新しい肝臓の手術のシミュレーション・システムの開発を
行っている。その特徴は自由に肝臓を動かすことができる、どこの部位でも自由に切除
することができる、手に肝臓を持った感覚を持たせることができる、同じ画像を違う
角度から見ることができる(操作している同一の肝臓の画像を術者と助手が異なる
立ち位置でリアルタイムに見ることができる)、特殊なメガネを使用せず裸眼浮遊視
が可能である等の特徴を有している。
今回は本プロジェクトについてお話をさせていただきます。

日 時:6月17日(月) 18:30-19:30
場  所:West Wing 3階 内視鏡外科手術トレーニングセンター講義室
共 催:福岡医学会
ページの先頭へ
  • 入学案内 入学をお考えの方へ

九州大学大学院 医学研究院
先端医療医学講座
災害・救急医学分野

〒812-8582
福岡市東区馬出3-1-1
TEL:092-642-6223